お尻の真ん中、太ももの裏、ふくらはぎの痛み

西住之江整体院 院長 白井天道の初の著書

布団の上でできるストレッチをマンガで紹介。是非、お近くの書店にてお買い求めください。

(2015年10月)

喜びの口コミ・直筆の体験談が800件あまり寄せられております。

西住之江整体院3つの特徴

  1. 腰痛 坐骨神経痛 シビレ専門の整体
  2. 口コミサイトで全国1位を獲得
  3. 独自の整体が話題となり本を出版

こんなお悩みありませんか?

  • お尻の真ん中から太ももの裏に痛みがある
  • ふくらはぎに痛みがある
  • かかとから足の裏にシビレがある
  • 病院でつい椎間板症または椎間板ヘルニアと言われた
  • 薬を飲んでも改善しない
  • 病院には行ってないけどなかなか改善しない

※お尻から太ももの裏、ふくらはぎの痛み・シビレは「坐骨神経痛」とも呼ばれます。

 

もし一つでも当てはまったら・・・

ぜひ一度、当整体院の施術を試してください。

お尻の真ん中、太ももの裏、ふくらはぎの痛み の本当の原因

実は「腰椎のねじれ」だとご存知ですか?

お尻の真ん中、太ももの裏、ふくらはぎの痛みがある方の腰椎は必ず「右ねじれ」か「左ねじれ」になっています。

 

腰椎がねじれ ることで、椎間板に負担がかかり、お尻から太ももの裏を通り足先まで伸びる神経を圧迫して症状があらわれます。

 

当院では、お尻の真ん中、太ももの裏、ふくらはぎの痛み の方が多く来院され、多くの方が改善に向かわれています。

症状が悪化すると、膀胱や直腸の障害(排尿・排便の異常)、足の麻痺になってしまう可能性があります。

 

お尻の真ん中、太ももの裏、ふくらはぎの痛み でお悩みなら、1度当整体院の施術を受けてみてください。

そもそもどういう症状なのか

椎間板症というヘルニアの少し手前の症状の場合は、

動作時には痛みはないものの、長時間座っていたり、立っていたりと同じ姿勢を続けることで図の場所に症状があらわれます。

 

椎間板ヘルニアの場合は、

体を前に曲げるような、「靴下を履く」、「顔を洗う」ような動作で図の場所に痛みが強くでます。

「柔らかいソファーなどに腰を丸くして座る」と痛みが強く出たりします。また、悪化すると足の裏のシビレが強くなり、つま先で歩くことができなくなります。

 

病院での一般的な対処法

お尻の真ん中、太ももの裏やふくらはぎの痛み で病院に行くと一般的な対処法として

  1. リハビリ(電気・マッサージ・牽引・ストレッチなど)
  2. 服用(痛み止め、神経活動抑制など)
  3. 神経ブロック注射
  4. レーザー治療
  5. 1~4で改善しなければ手術が勧められる

しかし、上記の対処法で改善したという方は少ないのが現状です。

よくある整骨院・整体院・鍼灸院での一般的な対処法

お尻の真ん中、太ももの裏やふくらはぎの痛み で整骨院・整体院・鍼灸院に行くと一般的な対処法として

  1. 腰やお尻の筋肉を緩める施術をする
  2. 骨盤や背骨の歪みを矯正する施術をする
  3. カラダ全体のバランスを整える施術をする
  4. 内臓の働きを良くする施術をする

というものがあります。 ですが、なかなかこれでは改善していないのが実情です。

では、どうしてあなたのお尻の真ん中、太ももの裏やふくらはぎの痛み は改善しないのでしょうか?

当整体院が行うアプローチ

腰椎のねじれにアプローチ

西住之江整体院では、「腰椎のねじれ」にアプローチします。

ねじれと言っても、10度の傾きにも満たない、ほんの少しのねじれです。

しかし、お医者様が見るのは、骨と骨の隙間、椎間板の状態だけで、ねじれまでは調べませんから、骨に異常がなければそれで終了ということが多いのです。

腰椎のねじれと椎間板の関係

腰椎がねじれると椎間板も同時にねじれてしまいます。

柔らかいクリームを挟んだビスケットを想像してください。硬いビスケットは、椎骨です。柔らかいクリームが椎間板です。

上下のビスケットをねじるとなかのクリームがはみ出しますよね。これが椎間板ヘルニアの状態です。

腰椎のねじれを戻せば、椎間板にかかる圧力が低下するので、飛び出したゼラチン(ヘルニア)を体に吸収させることができます。

以上の理由から、椎間板症、椎間板ヘルニアによる症状は改善できます。

 

※腰椎が右にねじれると症状は左に出やすく、逆に腰椎が左にねじれると症状は右に出やすくなります。

腰椎のねじれ を戻す施術

ボキボキしない無痛施術です。

腰椎のねじれが元に戻ると、神経の圧迫が軽減して痛みやシビレが改善します。

当院の施術がはじめての方へ

初回割引料金

電話でのお問合せ

ラインで予約する

メールでのお問合せ

お尻から足の痛みで藁にもすがる想いでした

10ヶ月前から、左のお尻から足にかけての痛みで、朝方はほとんど腰が曲げられない状態で「藁にもすがる想い」でした。

施術を受けだして、朝の左足の痛みはずいぶん楽になりました。先生の説明は論理的で分かりやすいので、私と同じようにすべり症や脊柱管狭窄症の方にお勧めします。

大阪市住吉区 田中圭子さん 61歳 整形外科での診断名:脊柱管狭窄症・すべり症

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

夜も眠れない、まともに歩けない状態から解放されました!

左足がシビレて歩けなくて、仕事もできませんでした。夜はどの体勢でも痛くて、起き上がるのも辛かったです。リハビリと痛み止めの注射では改善しませんでした。

最初は不安でしたが、通院2週目には、足を引きずらずに歩けるようになり、今は痛みもなくなっています。

大阪府大阪市 石原さん 整形外科での診断名:腰椎分離症・椎間板ヘルニア

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

座っていられない程のお尻から足の痛みが改善できた

座っていると、腰よりもお尻から足に痛みが出て座っていることが辛く、色々な所に施術を受けに行きましたが効果がなく、藁尾もすがる気持ちでこちらに来院しました。

他院とはまったく違うソフトな施術で痛みが改善できました。

兵庫県 宇多さん 整形外科での診断名:椎間板ヘルニア

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

車椅子から杖そして電車通勤できるようになった

右のお尻からふくらはぎにかけての痛みが酷くで3日ほど寝たきりでした。

最初は車椅子で通わせてもらい、歩けるようになって杖になり、今では仕事も杖なしで元気に電車で通勤できるようになっています。私も、一緒に来ていた付添の人も、施術はタッピングしているだけのような不思議な感じでしたが、施術を重ねる度に良くなっていくのを見て本当にビックリしていました。

大阪市天王寺区 中村 一成さん 60代 整形外科での診断名:椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

1年前からの左ふくらはぎの痛みが改善しました!

お客様写真
椎間板ヘルニア/側湾症
1年程前から、左のふくらはぎに常に痛みがあり寝ている時も辛い状態でした。
整体を受けだして左のふくらはぎの痛みも和らぎ、寝ている時の痛みは全くありません。
昔から悩んでいた側湾症もずいぶん軽減されて、背中や肩の張りも楽になり嬉しく思います。

大阪府堺市 川人さん 25歳 整形外科での診断名:椎間板ヘルニア・側弯症

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

当院の施術がはじめての方へ

初回割引料金

電話でのお問合せ

ラインで予約する

メールでのお問合せ

西住之江整体院の紹介

よくある質問

Q.通院の期間はどれくらいですか?

個人差があるので、お身体を見ないと正確にはお伝えできませんが、

症状が慢性化している場合は、3ヶ月程で改善される方が多いです。高齢の方や重症な方の中には3ヶ月以上かかる方もいらっしゃいます。

もちろん、2回や3回で改善される方もいますので一度見させていただければと思います。

Q.通院のペースはどれくらいですか?

生活に支障の出ている症状は、1週間に1回。

生活に支障のない症状は、2週間に1回。

状態が安定してくれば、3週間、1ヶ月と間隔を伸ばしていきます。

Q.施術時間はどれくらいですか?

初回はカウンセリングを含み約40分、2回目以降は検査込みで、約10~15分程度です。検査で原因を特定して施術しますので短時間で済みます。

「施術時間が短いな」と思う方も、施術を受けると効果を実感していただけますのでご安心ください。

Q.初回料金5,000円(税別)以外にかかるお金はありますか?

いいえ。ありません。

当整体院では回数券はありませんし、物販やサプリメントもありませんので施術料金以外はかかりません。

最近、「回数券やサプリメントを買わされた」というお声を聞くことがありますが、当整体院では無駄に通院させたり物を売ったりはしませんのでご安心ください。