座っているのが辛い椎間板ヘルニアの施術記録

症例画像

発症

2~3週間前から

症状

座っている時、座っていて立ち上がった時、寝る時、前かがみになった時に痛みシビレが起こる

症状の出ているところ

病院での診断

腰椎椎間板ヘルニア

当院の対応

検査結果:腰椎4・5番の右回旋

施術:腰椎4・5番の右回旋の矯正、骨盤矯正、頸椎矯正

施術

1回目:施術後から左足の痛みが少し楽になる
2回目:寝る時の痛みが軽減して眠れるようになる
3回目:少しなら座ってられるようになる
4回目:座って立ち上がりの痛みが楽になる
5回目:長時間座れるようになる
6回目:前かがみもできるようになる
7回目:徐々に回復
8回目:徐々に回復
9回目:朝起きたときの違和感程度

施術期間 約1ヶ月

予防:メンテナンスで月1回の来院

考察

比較的若い年代で発症する椎間板ヘルニアは、できるだけ早い時期から施術することで早期回復が見込める。
発症から2週間経過しても一向に改善する傾向になければ、ほっておいても改善しない可能性が高いです。
その際は早めの処置が必要です。
痛みやシビレを改善することも大事ですが、なぜ痛みやシビレが起きてしまったのか?
を自分で理解して予防にも努めることが重要です。
Tさんの場合は、上半身を左にねじるクセがあったのが根本的な原因でした。

この記事を書いた人