足の外側から小指にかけての痛みとシビレ 50歳男性の施術記録(椎間板ヘルニア)

50歳男ヘルニア

発症

2年前から

症状

夕方や朝起きた時に腰に痛みが出る。

また、左の股関節から足の外側、小指にかけて痛みと痺れがある。

痛みのある場所

心当たりある原因

2年前に植木鉢を持ち上げて痛くなり、1週間経っても治らなかったので病院でMRI検査をしたら、腰椎椎間板ヘルニアと診断された。

病院での診断

腰椎椎間板ヘルニア(腰椎4・5)

当院の対応

検査結果:腰椎5番の右回旋

施術:腰椎5番の右回旋の矯正、骨盤矯正、頸椎矯正

 

施術

1回目:施術後は腰が軽く感じて、足のシビレも少し軽減した

2回目:特に変化なし

5回目:夕方に出る腰痛がかなり改善された。

10回目:朝起きた時の腰の痛みも改善され、足のシビレも8割改善

12回目:痛みもシビレも改善

 

施術期間:3ヶ月

予防:メンテナンスで月1回来院

考察

仕事はデスクワークと外回りの営業で、いつも重たいバッグを肩にかけて歩いている。

後ろから見るとかなり歪んで見える。

日頃は床に胡坐をかいて生活することが多く姿勢が悪いのは昔から自覚している。

このような方は多く、このような生活を続けていると椎間板が潰れていき、今回のように重い物を持ち上げた時などにヘルニアになるケースがよくある。

本人は股関節が悪いんではないかということも言っていたが、股関節の外側から足の小指にシビレがあるとまずは腰椎5番を疑う。

検査をすると腰椎5番に回旋が見られ、白井療法によりもとに戻すとその場でシビレが軽くなった。

この記事を書いた人