太ももの前側に痛みとシビレが出る 33歳男性の施術記録(椎間板ヘルニア)

33歳男性ヘルニア

発症

18歳の頃にヘルニアの手術(腰椎4・5)

1週間前から現在の症状が出現

症状

痛みと痺れで夜も眠れず、じっとしていても、右の恥骨のあたりから膝上まで痛みがあり、足首より下が痺れている。

2日前に病院で注射をしてもらったが効かなかった。

痛みのある場所

心当たりある原因

特になし

病院での診断

椎間板ヘルニア(再発)

当院の対応

検査結果:腰椎3番の左回旋

施術:腰椎3番の左回旋の矯正、骨盤矯正、頸椎矯正

施術

1回目:施術後に痛みが少し軽減

2回目:夜眠れるようになった

5回目:痛みと痺れが6~7割改善

8回目:改善

 

 

施術期間:1ヶ月

予防:メンテナンスで月1回来院

考察

最初の2週間で5回通院されて、かなり改善されたのでその後は1週間間隔で通院。

腰の傷後を見ても、手術した場所は腰椎の4・5番。もし同じか所の再発だとしたら

太ももの裏に症状が出るはずだ。訴える症状が太ももの前側の痛みと痺れ。この場所と関係ある場所は腰椎3番です。

触診で皮膚の上から腰椎をチェックすると腰椎3番が左に回旋していた。

白井療法により腰椎3番を元にもどすと症状が改善した。

もしまた同じ場所を手術していたら症状は改善しなかったでしょう。

日頃の姿勢の影響で胸椎の動きが悪くなり、その動きを代償するために腰椎が過度に動くのだが、

腰椎4・5番の椎間板は手術経験もあることから潰れて機能していない状態。

そうなると一つ上の腰椎3番に負担がかかり腰椎がねじれてしまったと想像できる。

この記事を書いた人