座っていると腰に鈍痛・両足のシビレ 60歳男性の施術記録(原因不明の坐骨神経痛・足のシビレ)

60sai男性鈍痛

発症

3ヶ月前から

太ももの前側のだるさは5~7年前から

症状

座っていると、腰に鈍痛が出て来て両足の太ももの裏からふくらはぎまでシビレる。

痛みのある場所

病院での診断

レントゲンで骨には異常なし

当院の対応

検査結果:腰椎5番の左回旋

施術:腰椎5番の左回旋の矯正、骨盤矯正、頸椎矯正

施術

1回目:検査で腰が動きやすくなる

5回目:特に大きな変化なし

10回目:腰の鈍痛を感じなくなる

20回目:両足のシビレが5割程度改善

28回目:両足のシビレが9割改善

 

施術期間:5か月

予防:メンテナンスで3週間に1回来院

考察

初期症状が5~7年前ということもあり、改善までに時間がかかった。

仕事柄、デスクワークでほとんど動かず、心臓の持病や過去に複数の病気をしていることから、体の回復力が落ちていたのも原因だと思う。

シビレに関しては9割は改善できたが、残りの1割は神経の回復とともに回復していく状態と判断し、メンテナンスで良い状態をキープしていくことを提案した。

当院に来るまでに4ヶ所以上の施術院や整体院をめぐってまったく改善しなかったので、当院の施術でここまで改善できれば良いと思う。

日常生活に支障のないシビレはあまり神経質になりすぎないことが大事だと考えています。

この記事を書いた人

原因不明の坐骨神経痛・足のシビレについて詳しくはこちら

原因不明の坐骨神経痛・足のシビレ

この記事に関する関連記事