夕方、座っていると左のふくらはぎが痛い 39歳男性の施術記録(原因不明の坐骨神経痛・足のシビレ)

39歳男座る左ふくらはぎ

発症

3ヶ月前から

症状

フットサルをして、左足首の内側を捻挫で傷めて、左のお尻と太ももの間を肉離れする。

それから足首と肉離れは改善したものの、左腰の張りやふくらはぎの痛みが現れる。

仕事で座っていると痛みが強くなり、朝も痛みがある。

痛みのある場所

病院での診断

レントゲンで骨には異常なし

当院の対応

検査結果:腰椎5番の右回旋

施術:腰椎5番の右回旋の矯正、骨盤矯正、頸椎矯正

施術

1回目:施術後、前後屈の痛みが楽になる

2回目:腰の張りは減ったがふくらはぎは痛い

5回目:ふくらはぎの痛みが5割程度改善

10回目:座っているときのふくらはぎの痛みが改善

15回目:朝の痛みや違和感も改善

 

施術期間:3ヶ月

予防:メンテナンスで月1回来院

考察

今回の症例のように捻挫をしてから腰や足に痛みが出ることも多い。

もともと症状は出ていなくても腰椎のねじれがあり、神経を刺激して左のハムストリングが硬い状態だったことが肉離れにつながったと考える。

肉離れが原因と考えると筋肉の問題となり、筋肉へのアプローチのみで改善できなくなる。

実は、肉離れを良く起こす原因も私は腰に問題があると考えている。

腰椎のねじれがあり、坐骨神経が刺激されハムストリングが硬くなることが原因です。

この記事を書いた人

原因不明の坐骨神経痛・足のシビレについて詳しくはこちら

原因不明の坐骨神経痛・足のシビレ

この記事に関する関連記事