歩けない寝返りが辛い 55歳女性の施術記録(すべり症)

歩けない55歳看護師すべり

発症

1ヶ月前から

症状

3年ほど前から腰から左の足にかけて違和感、だるさはあったが1ヶ月前から悪化。

病院で処方された薬が効かない。ブロック注射も効果なし。

50mしか歩けずに、寝返りで夜目が覚める。

痛みのある場所

病院での診断

すべり症(腰椎4番)

当院の対応

検査結果:腰椎5番の右回旋

施術:腰椎5番の右回旋の矯正、そり腰矯正、骨盤矯正、頸椎矯正、大腰筋を緩める

施術

1回目:検査で腰が少し動くようになる

5回目:まだ良くなった実感はないと言う

10回目:歩ける距離が200mほどになる

15回目:30分ほど歩いたが大丈夫だった

20回目:寝返りで目が覚めることもなくなる

25回目:仕事で長時間立っていても大丈夫になる

 

施術期間:4ヶ月

 

予防:メンテナンスで月1回来院

 

考察

この方は看護師さんで、自分の勤めている病院で検査や治療をしてもらっても改善しなかった。

手術も勧められるくらいすべり症は悪かったが、すべり症の手術後で寝たきりになっている方をたくさん見てきたので手術せずに何とかなるならと当院に来院。

右足のスネの痛みが強かったが、これは腰椎5番の神経が圧迫されているので白井療法で改善できた。

仕事もあまり休めずに立ちっぱなしを耐えながら当院での施術を受けていたので、思ったよりも少し時間はかかったが仕事を続けながら改善できて良かったと思う。

この記事を書いた人

すべり症・分離すべり症について詳しくはこちら

すべり症・分離すべり症

この記事に関する関連記事