立つ歩くでスグに痛くなる 41歳男性の施術記録(分離すべり症)

41歳男性立つ歩く

発症

1ヶ月前から

症状

3年ほど前から前兆はあったが、1ヶ月前にスノーボードで転倒してから急激に悪化。

右のお尻から足首にかけての痛みがあり、立っている、歩くことが困難。

痛みのある場所

病院での診断

分離すべり症(腰椎5番)3年前

当院の対応

検査結果:腰椎5番の左回旋

施術:腰椎5番の右回旋の矯正、そり腰矯正、骨盤矯正、頸椎矯正、大腰筋を緩める

施術

1回目:特に変化なし

5回目:あまり変わらない

10回目:腰は少し伸びてきたが歩くと辛い

15回目:歩ける時間が3分から15分になる

20回目:30分程度は歩けるようになる

25回目:立つ・歩くことも問題なく改善する

 

施術期間:3ヶ月

 

予防:メンテナンスで月1回来院

考察

今回のように転倒してから急激に悪化することは多い。

2週間ほど安静にしても痛みが緩和しないならすぐに施術を開始した方がよい。

痛みの原因は腰椎のねじれなので、今回はおそらく転倒して腰を右に強くねじったと思う。

その際に、腰椎が左に大きくねじれて、右の坐骨神経を圧迫して起こる症状です。

悪化してら、大阪の有名な整骨院や鍼灸院、カイロなど5カ所ほど行ったそうですがまったく効果がなく、当院に来てからも10回目くらいまでは大きな変化がなく諦めかけていましたが、必ず改善する自信があったのでその旨をお伝えして施術を継続した結果、15回目くらいから急激に症状が緩和されていき、そのまま改善することができました。

他院でなかなか改善しない分離すべり症による痛みやシビレも白井療法なら改善できる自信があります。

ぜひ希望を捨てずに、当院までご連絡いただけたらと思います。

この記事を書いた人

すべり症・分離すべり症について詳しくはこちら

すべり症・分離すべり症

この記事に関する関連記事