何をしても激痛 46歳女性の施術記録(すべり症)

46歳女性ダンス

発症

4ヶ月前から

症状

腰の痛みと、右のお尻から足の裏まで痛みとシビレ。左のお尻にも痛みがあり。

朝起きてから1時間程が一番辛い。

ダンスのインストラクターで身体を酷使。用事で20時間座っていたら痛みが強くなり、それからずっと痛い。

痛みのある場所

病院での診断

すべり症

当院の対応

検査結果:腰椎5番の左回旋、腰椎4番の右回旋

施術:腰椎5番の左回旋の矯正、腰椎4番の右回旋の矯正、そり腰矯正、骨盤矯正、頸椎矯正、大腰筋を緩める

施術

1回目:腰の激痛と右足のシビレが少し楽になる

2回目:朝起きた時の痛みが少し楽

5回目:右足の痛みシビレが半減

10回目:腰の痛みの方が気になる

15回目:何をしても辛かったのが朝だけになる

20回目:ダンスをした後に少し腰に重さを感じることがあるが、生活には異常なしになった。

 

施術期間:5ヶ月(12回目まで週2回通院で、その後は週1回程度の通院)

 

予防:メンテナンスで3週間に1回来院。

考察

お子様が3人いらっしゃり、3人目を出産してから腰痛が出始めたと言われていた。

20代の頃にダンスの仕事でかなりハードだったのが影響していると本人も言われていた。

仕事に家事に追われながら、自分の体をケアできなかったことがここまで悪化した原因でしょう。

今回のように症状が長期にわたり、両側に症状の出ている場合には改善に時間がかかります。

お医者様からも手術の話をされていたそうでしたので、手術をせずに回復できたことにすごく喜ばれていました。

今後は、ダンスの仕事も続けるそうなのでカラダのケアが大切だと思います。

この記事を書いた人

すべり症・分離すべり症について詳しくはこちら

すべり症・分離すべり症

この記事に関する関連記事