歩くとビリビリ痺れる39歳女性の施術記録(すべり症)

39歳女性

発症

2週間前から

症状

歩くと腰から足にかけて、特に左にビリビリと痺れが出て来て30分も歩けない。

足先も痺れて麻痺している感覚があり力も少し入りにくい。

 

症状のある場所

病院での診断

すべり症(腰椎4番)

椎間板ヘルニア(腰椎3・4、4・5)3年前

当院の対応

検査結果:腰椎4番の右回旋、腰椎5番の左回旋

施術:腰椎4番の右回旋の矯正、腰椎5番の左回旋の矯正、そり腰矯正、骨盤矯正、頸椎矯正、大腰筋を緩める

施術

1回目:腰は動きやすくなるが痺れに大きな変化なし
5回目:足の感覚が少し良くなる
10回目:歩きやすくなる
15回目:ひどい痺れは落ち着く

20回目:徐々に回復
25回目:腰の痛みが違和感程度になる
30回目:たまに腰がだるくなるが、それ以外の症状は全て改善
施術期間:5ヶ月

予防:最初はメンテナンスで2週間に1回の来院だったが、最近では月1回でも調子が良い

 

考察

両足に症状が現れて、痺れもひどく、足も麻痺に近い感覚、便秘にもなっていた。

このように痺れの強い場合には神経の圧迫も強く、膀胱直腸障害と言って便秘にもなることがある。

病院でMRI検査をしたときに、手術になる可能性が高いと言われていたようで、リリカという痺れ改善の薬を飲んでいたが、副作用で吐き気やめまいに襲われて当院に来院された。

施術の回数や期間を見るとかなりかかっている印象を受けるが、施術を受けていないと間違いなく手術になっていたと思う。

整形外科の先生も症状の回復に驚かれていたようだったと話してくださいました。

当院にはこのような症状の方も多数来院されています。他院ではほとんど対処できないような状態でも白井療法で改善できる可能性が

十分にあるので、更に臨床経験を積んで早く確実に改善できるように取り組んでいます。

この記事を書いた人

すべり症・分離すべり症について詳しくはこちら

すべり症・分離すべり症

この記事に関する関連記事